オムニチャネルカンファレンス2014(Omni Channel Conference 2014)

ABOUT

オムニチャネルカンファレンス2014とは?

オムニチャネルカンファレンス2014会場写真

オムニチャネルカンファレンス2014とは株式会社が主催する「オムニチャネル」をテーマにしたカンファレンスで、当日は400名もの小売り関係者がグランドハイアット東京に集まった。

オムニチャネル戦略とは、店舗やECサイト、モバイルサイト、イベントなど、あらゆるチャネルで顧客と接点を持ち連携させる戦略のことを示し、昨今小売業界で注目されているキーワードの一つである。 本カンファレンスではオムニチャネルに関心を持っている方々に対して現在のオムニチャネルの現状、今後の展開などをスペシャリストたちが語った。

当日配布資料

オムニチャネル構築資料ダウンロード
オムニチャネル実態レポートダウンロード
レポートアイコンカンファレンスレポート①

株式会社良品計画代表取締役会長 松井忠三 基調講演 無印良品は仕組みが9割

松井忠三写真1
松井忠三写真2
松井忠三写真3
松井忠三写真4

最初に登壇したのは、ネット注文品の店頭受け取りやスマートフォンアプリ「MUJI PASSPORT」などでオムニチャネル戦略を展開中の無印良品を運営する株式会社良品計画代表 松井忠三氏。

ブランドの弱体化など、内部要因から経営危機に陥った無印。経営の確変のために行った商品開発、店舗出店、業務構造の仕組みなど、様々な仕組みを変えることで経営状態をV字回復させた無印良品を例に、成果につなげる「仕組み」づくりを語る。
さらに力をいれている人材教育では、「全課長の海外現場体験」などグローバルな視点からの仕組みも導入されており、これからの時代に必要になるだろうと松井氏は締めくくった。

レポートアイコンカンファレンスレポート②

株式会社セールス&マーケティング部部長(兼)取締役 真田幹己 導入実例公開セッション クライアント事例から導き出すマトリックス×クライアントインタビュー

の真田幹己氏は自身の経験を基に、丸善&ジュンク堂、ハードオフコーポレーションのインタビュー動画を交えながらオムニチャネルにおける組織の重要性などを語る。 オムニチャネル化が進まない理由の中の一つに、組織内の問題を上げる真田氏。その最大の理由を、「企業が組織と評価制度の改革に踏み出せないから」と解説する。

自身のクライアントでもある丸善&ジュンク堂のオムニチャネル化の成功事例を動画で紹介し、営業、インターネット事業を担う株式会社HONの代表、工藤淳也氏が重要視している組織論を披露。
その他にもMoMA、LUSH、Plenusなど有名企業のオムニチャネル戦略への取り組みを紹介している。 真田氏は、オムニチャネル化は時間と資金だけでは実現せず、組織全体でオムニチャネル化に取り組んでいかなくては失敗してしまうと力説。

最後にハードオフコーポレーション常務取締役である山本太郎氏の動画で、組織作りの取り組み方について実例を紹介し、組織にオムニチャネル化の仕組みを落とし込むことも重要であると語った。

オムニチャネル実例集PDF
レポートアイコンカンファレンスレポート③

ITアナリスト 松浦由美子 特別講演 オムニチャネル最前線~ネットとリアル店舗融合の現状と今後の展開~

オムニチャネルがテーマの書籍、「O2O、ビッグデータでお客を呼び込め! :ネットとリアル店舗連携の最前線」の著者であるITアナリストの松浦由美子氏はオムニチャネルの先進的な取り組み事例や課題、今後の展開など、「オムニチャネルの最前線」をわかりやすく解説。

東急ハンズ、丸善&ジュンク堂などの取り置きサービスから、良品計画のスマホ会員証まで様々なオムニチャネルを実践したサービスを紹介。システム投資にも触れ、オムニチャネルの仕組みを導入する際の注意点も挙げていき、オムニチャネルの現在の重要なポイントの一つは、経営層のリーダーシップであると語っている。
小売業界でも身の回りの様々なモノがネットにつながっていく未来、ビッグデータの利用などを今後の展開として予想している説明した。

レポートアイコンカンファレンスレポート④

パネルディスカッション 経営トップに聞く大規模のオムニチャネル事例!大手チェーン店はなぜ全店舗に『Windows8タブレット』を採用したのか?

パネルディスカッション写真
竹之内教博写真
榊原洋写真
大島康広写真

パネルディスカッションでは株式会社プラザクリエイト 代表取締役社長 大島康広氏、株式会社りらく 代表取締役会長 兼 CEO 竹之内教博氏、日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプラットフォーム統括本部 デバイス&モビリティ本部 本部長 榊原洋氏を迎え、なぜ大手チェーン店が全国の店舗に『Windows8タブレット』を導入したのかをテーマに、 代表取締役社長 武下真典氏がモデレーターとなり討議。プラザクリエイトとりらくはのシステムをWindows8タブレットで使用しているということからこのディスカッションが実現した。

オムニチャネル戦略には、スマホとどう向き合うのかが重要とプラザクリエイトの大島氏は感じているらしく、スマホ周りのシステムに力を入れていきたいと語る。 りらくの竹之内氏は店舗経営の未来として、オムニチャネル戦略を取り入れなければならなくなる店舗が増えるだろうと予想し、日本マイクロソフトの榊原氏はオムニチャネル化について、どれだけ柔軟性のあるITインフラを提供できるかが自社の課題になってくるだろうとそれぞれ語った。

レポートアイコンカンファレンスレポート⑤

株式会社代表取締役社長 武下真典 クロージングセッション ~オムニチャネル時代の配送イノベーション~ 『スマート宅配BOX®』

武下真典写真1
武下真典写真2
武下真典写真3
武下真典写真4

最後は代表取締役社長の武下真典氏が登壇。現在のオムニチャネル戦略の課題の一つである配送部分に着目して開発した製品「スマート宅配BOX®」を発表。

この「スマート宅配BOX®」はスマホがカギになる宅配ボックスで、アプリを起動した状態のスマホをBOXの前にかざすと鍵の開閉ができる。開閉履歴をクラウド管理にすればBOXが全国に設置されても一元管理ができようになる。「好きな時間に好きな場所で受け取れる」というコンセプトの基開発されており、いままで宅配ボックスの設置が難しかった一軒家をはじめ、マンションやオフィス、駅や空港などの公共施設など、荷物を受け取りたい場所に設置することも可能である。

朝注文した商品が仕事帰りに受け取れる。そんな未来を武下氏は考え、2014年11月からサイバーエージェント・ベンチャーズとの実証実験も予定されている。 武下氏はこの「スマート宅配BOX®」を小売業者、不動産業者、その他様々な企業とコラボレーションして開発し、GPS機能、冷蔵機能などの追加も構想している。

Sponsors スポンサー

プラチナスポンサー

日本マイクロソフト

日本マイクロソフト

Mobile First、Cloud First の世界を実現するための
プラットフォームを提供する企業

http://www.microsoft.com

ゴールドスポンサー

レノボ・ジャパン

レノボは、世界でトップ・クラスのPCメーカー、160以上の国に販売網を持つ、パーソナル・テクノロジーカンパニーです。極めて高い技術力を持つPCや携帯端末を開発しています。

ロイヤルゲート

ロイヤルゲートはスマートデバイス決済プラットフォーム PAYGATE を提供。スマートデバイスと連携する決済端末製造から、アプリ、サーバーまで提供しています。

シルバースポンサー

EPSON

エプソンでは、流通小売業様、飲食店様向けに、スマートデバイスの活用をはじめとした次世代型のシステムをシステムパートナーと共にご提供しております。

GMO payment gateway

48,000店舗以上(2014年6月現在)の加盟店にクレジットカード等の決済処理サービスを提供しております。スマホ決済サービス「GMO Pallet」やO2O 市場での事業も展開中。

インテルは革新的なコンピューティング技術で世界をリードする企業です。業務や生活に利用する様々なコンピューティング機器の基礎となる重要な技術を開発しています。

メディアスポンサー

東洋経済新聞社
マイナビニュース
ECzine(イーシージン)
東京IT新聞
DIAMOND-FRIEDMAN ChainStoreAge
カード情報ポータルサイト payment navi
ECのミカタ

About S-cubism Technology とは?

は小売りのミライをカタチにする会社です。

EC-Orange

オムニチャネル、O2O、EC構築-
全ての中核をなす「EC-Orange」パッケージ

EC-Orange POS

タブレットで接客、レジ、在庫管理-
オムニチャネルシステムとしても発展する「EC-Orange POS」シリーズ

ECのミカタ BEST100 2014 オムニチャネル部門受賞
ページトップへ戻る