お客様事例

リラクゼーション業界: (りらく) リラクゼーション店の新たなPOS端末としてWindowsタブレットを多数導入。ペーパーレス化による効率的な店舗運営とサービス向上につなげる。

店舗運営の徹底したペーパーレス化を達成

導入店舗のあらゆる情報が本部側のサーバに集約・保管

セラピストが店内を自由に持ち運べるタブレット型POSソリューション

POSシステムと連動したポイント管理へと移行

2 009年に大阪府和泉市で1号店を開店して以来、たったの5年で日本全国428店舗(2015年9月末現在)を展開しているリラクゼーション店「りらく」。高い技術力を持つセラピストたちが、全身もみほぐしで60分2,980円(税別)からという手頃な価格で、来店客のからだと心をリラックスさせる快適な時間を提供し、主婦やOL、サラリーマンなどに人気を博している。そんな人気リラクゼーション店が抱えていた課題とタブレットPOS導入による店舗運営改革について、話を伺った。

来店客とセラピストとの
より良いマッチングを目指している、りらく

りらくが急速に業績を伸ばした背景として、他店が展開していないロードサイドを中心に出店を進めていることに加え、セラピストとの間で業務委託契約(準委任契約)を結んでいる点も大きな理由として挙げられる。セラピストたちは、同社が提供する店舗スペースを借り、個人事業主として日々の業務をこなす。また、日本全国にセラピスト育成センターを設置するなど、セラピストの教育制度も充実している。本部には計60人の専任講師が在籍し、未経験者でも短期間でポイントを突いた施術テクニックを身に付け、すぐに独立開業できるように支援している。

「当社は、店舗に来店されたお客様とセラピストの皆さんとのマッチングをお手伝いするのが使命です。また、充実した教育プログラムを提供することで、新しいセラピストの育成にも積極的に取り組んでいます。十分なトレーニングを積んで独立開業を果たした方は、既存の店舗だけでなく、新規店舗にとっても重要な即戦力となります。セラピストとの間では業務委託の形がとられますが、それによってパートやアルバイトと比べて高額の報酬が得られたり、来店客の施術に集中できる環境を作りやすいなど、セラピストの皆さんにとっても大きなメリットがあります(出上氏)」

紙ベースでの煩雑なやり取りが
セラピストや本部運営の大きな負担に

りらくでは、創業当初から本部と店舗とのやり取りを紙ベースで行ってきた。店舗の閉店後には、セラピストたちによって売上集計や日報の作成が行われ、これらの書類は本部へとFAXで毎日送信される。
「お客様が仕事終わりに気分転換で立ち寄っていただけるように、ほとんどの店舗が午前2時30分、遅いところでは午前5時まで営業しています。売上集計や日報の作成には多くの時間がかかることから、営業時間を過ぎてもなかなか店を閉められず、セラピストの皆さんには大きな負担がかかっていました(小竹氏)」

2015年9月現在、日本全国で実動するセラピストは約1万人に及ぶという。このため、紙ベースでのやり取りは、店舗から膨大な書類を受け取る本部にとっても大きな課題となっている。本部は、翌朝に受け取った大量のFAX文書を仕分けし、内容のチェックと各種システムへの入力などを行っている。その中でも特に経理システムへの入力には多くの工数がかかり、40名の経理スタッフが手分けをして作業にあたっている。

「店舗数が少なかったときには紙ベースでも不都合なく運営できていたのですが、100店舗を超えてきたあたりから、紙や印刷のコスト、FAXや郵送のためのコスト、書類の保管コスト、仕分けや入力をスタッフの人件費などが大きく目立つようになりました。実際、本部が受け取る書類はFAXだけでも毎日500~600枚、それ以外のさまざまな書類を含めれば1店舗で月間1000~2000枚に及びます。また、全店舗でやり取りされる膨大な書類は、5年間の保管を義務付けているため、売上日報だけでも毎月20~30個の段ボール箱が必要で、すでに1,500箱が倉庫に眠っています。店舗数を急速に増やしている当社にとって、このような現状を1日でも早く解決しなければならなかったのです(出上氏)」

ITに詳しくないセラピストでも
すぐに使い始められるPOSシステムが必要だった

りらくは、中長期的なビジネス展開を踏まえ、これまで紙ベースで行われてきた本部と店舗のやり取りをITの仕組みによって大幅に効率化する決断を下した。同社は、店舗運営の中核となる情報基盤としてPOSシステムの導入を計画し、当初は各店舗にデスクトップ型のPOS端末を据え置くことを検討。こうした従来型のPOSソリューションでも店舗運営のペーパーレス化にはつながるが、ベッドサイドで接客するリラクゼーション店ならではの事情から、店内を自由に持ち運べるタブレット型POSソリューションの方が望ましいと判断された。

「セラピストの皆さんが、PCやタブレットの操作に慣れている人ばかりだったらよいのですが、実際には携帯電話さえ所有していない方もいて、ITリテラシーの差はきわめて大きいというのが実情です。操作が複雑なPOS端末は、運用を開始するまでの教育に多くの時間がかかりますし、仮に運用を開始しても煩雑な操作が貴重な施術の時間を奪う結果にもなりかねません。今回、当社が選んだEC-Orange POSは、ユーザー・インターフェイスがとても洗練されていて、簡単な操作説明だけですぐに使い始められます(出上氏)」

POSシステムの高度な分析機能を活かして
サービスや顧客満足度の向上を目指す

りらくは、本部業務の効率化を図る新基幹システムの導入とあわせて、2015年9月時点で北海道、東北、九州エリアの約80店舗に合計 約500台のタブレット端末を導入している。各店舗のタブレット端末では、セラピストごとの売上情報や来店客の情報などが随時入力され、導入店舗のあらゆる情報が本部側のサーバに集約・保管されていく。これにより、FAXを通じたやり取りが不要になり、セラピストや本部スタッフの作業負荷が大幅に軽減されている。また、施術前に行われる承諾書へのサインもタブレットに付属しているスタイラスペンが用いられ、店舗運営の徹底したペーパーレス化を達成している。

「EC-Orange POSは豊富な機能を備えていますので、単なるペーパーレス化にとどまらず、店舗業務や接客に対して付加価値となるような機能も積極的に取り入れています。例えば、既存の店舗では紙ベースのポイントカードを配布していますが、EC-Orange POSを導入した店舗ではPOSシステムと連動したポイント管理へと移行しています。また、セラピストのシフト管理もEC-Orange POSを通じて行われ、本部からもシフト情報を簡単に参照できるようになりました。そのほかにも、クレジットカード決済やオンライン予約に対応していくなど、お客様が魅力を感じていただけるような店舗作りを進めているところです(出上氏)」

同社は、日本全国のお客様が気軽に通えるリラクゼーション店を目指し、年間100店舗という勢いで出店を続けている。今後の5年間は現在と同等以上のペースを維持し、近い将来には1,000店舗に到達する見込みだという。そして、こうした急速な店舗展開と足並みを揃えながら、2015年10月には中国・山陰エリア、同年12月には関西エリア、そして2016年2月には関東エリアにもタブレット端末を導入する計画となっている。

「EC Orange POSの全店導入によって、店舗数がこのまま純増を続けていったとしても、全店でペーパーレス化を実現することが直近の目標です。そして、その結果として経理スタッフを10人程度にまで抑えたいと考えております。また、セラピストの報酬計算にはこれまで10日ほどかかっていましたが、EC Orange POSの導入済店舗では2日にまで短縮され、業務のスピードアップという点でも大きなメリットを感じています(小竹氏)」

EC-Orange POSでは、売上や顧客情報の高度な分析も可能なことから、サービスや顧客満足度の向上にも積極的に取り組んでいく。

「当社は、お客様1人1人にあったサービスを提供できる企業でありたいと考えています。そのためには、お客様の属性をきちんと把握し、それぞれのお客様にぴったりのセラピストと施術サービスをマッチングさせることが重要になります。今後は、EC-Orange POSが提供する高度な分析機能を活かし、お客様ごとに個別のプロモーションを展開したり、リラクゼーション・サービスそのもののさらなる品質向上を目指していきます。そして、当社にとっては、店舗で働くセラピストの皆さんもまたお客様です。だからこそ、セラピストの皆さんがもっと働きやすい環境となる店舗運営にも力を注ぎたいと考えています(出上氏)」

株式会社りらく

http://riraku-salon.com/

本部所在地 : 大阪府泉大津市東豊中町1-8-10
設立 : 2010年1月8日
資本金 : 500万円
営業店舗 : 約430店舗(2015年8月現在)
従業員数 : 約190名(パートおよびアルバイトを含む)
事業内容 : リラクゼーション・スペースの運営
業務委託 : セラピスト 約1万人

関連するお客様事例

オムニチャネル4つのポイント ジュンク堂書店のO2Oインフラ

まずはお気軽にご相談ください。

03-6430-6730 受付時間/平日 9時30分~20時

お問い合わせ・ご相談

オムニチャネルを実現するプロダクト一覧

「EC-Orange」パッケージラインナップ

  • ショッピングモール/複数店舗型ECサイト構築「EC-Orange mall」
  • 単店舗型ECサイト構築「EC-Orange shop」
  • BtoB向けECサイト構築「EC-Orange BtoB」
  • O2Oシステム構築「EC-Orange O2O」
  • オムニチャネル構築「EC-Orange omni」
  • グローバル対応ECサイト構築「EC-Orange Global」
  • インバウンドEC/オムニチャネル対応「EC-Orange Inbound Omni Channel」

EC-Orange連携可能プロダクトラインナップ

  • タブレット型POSレジ「EC-Orange POS」
  • 飲食店向けオーダーエントリーシステム「Orange Handy」
  • オムニチャネルアプリ構築「Orange Club」
  • 飲食店・レストラン向け予約管理システム「Orange Reserve」
  • タブレット端末で実現するデジタルサイネージ「Orange Signage」
  • 日々の在庫管理から棚卸までを一括管理「Orange Stock」
  • リピーター獲得方接客・配送ソリューション「Orange Gift」
  • CTIシステム×お客様の信頼「Orange CTI」
  • 多店舗向けオムニチャネルPOS「Orange POS Plaza」