利用シーン

− ワイヤレスコール・ワイヤレスチャイム(呼び出しベル)−
noodoe(ヌードー)の業種別利用シーン

noodoe(ヌードー)はこんなお店にむいています。

品格の高いおしゃれな『レストラン』

デザイン性がお店の細部まで要求されるのがレストラン。ワイヤレスコール・ワイヤレスチャイム(呼び出しベル)noodoe(ヌードー)はスマートな見た目のブロックなので、テーブルに置いてあってもお店の雰囲気を壊しません。そして、お客様の会話を邪魔することなく、お客様のタイミングで用件を伺えます。

室内とテラスにわかれている『カフェ』

ゆったりと長居できるカフェで、意外と多いのがお水のおかわり。ワイヤレスコール・ワイヤレスチャイム(呼び出しベル)noodoe(ヌードー)を使えば、お水を必要としているテーブルが一目瞭然です。
ワイヤレスコール・ワイヤレスチャイム(呼び出しベル)noodoe(ヌードー)を傾ければ、それだけでテーブルごとの待ち時間もわかり、直接キッチンでお水を用意し、素早くサービス提供ができます。 オペレーションの短縮はもちろん、お客様とのエンゲージメントも築くことができます。

個室や座席の多い『居酒屋』

従来型のワイヤレスコール・ワイヤレスチャイム(呼び出しベル)を利用しているお店では、個室や座敷が多い場合、お客様の「すみません!」の声が聞きづらかったり、席まで伺うのに時間と手間がかかります。
お客様の用件があらかじめわかるワイヤレスコール・ワイヤレスチャイム(呼び出しベル)noodoe(ヌードー)を使えば、わざわざ席に向かう必要がなく、ホールとキッチンの往復時間を短縮することができます。

広い会場で通路が狭い『宴会場』

広い会場での宴会では、会場全体に目が届きにくいことが多々あります。従来のワイヤレスコール・ワイヤレスチャイム(呼び出しベル)を利用したオペレーションでは、特に記録が残ることもないので、注文のとり忘れや、注文対応忘れなどが発生しやすい状況ができてしまいます。ワイヤレスコール・ワイヤレスチャイム(呼び出しベル)noodoe(ヌードー)があれば、お客様の用件を見逃すことなくサービス提供できます。