プロジェクトに潜む7つの魔物

ステップ5 運用テスト

いよいよ大詰め。納品物の確認が終わり、運用テストへ。ところが...。

反発魚人があらわれた!

【魔物の特徴】新システムに強烈に反発する変われない人々 新システムに強烈に反発して導入を阻む。過去が全て正しいという考えで新しいものを受け入れない。【魔力】 現状を維持し続け、新しいものには反発する 【魔物の種別】 半魚人

[勇者のつぶやき]昔ながらのやり方にこだわる人たちは 否定しかしてこないな。。

魔物を手なずける道具を探す トップダウン

【魔物退治の方法】トップから新システムへの移行を告げる システムを利用する側の業務現場は、変わることに拒絶反応を起こしがち。旧システムをいつまでも使える状況ではなかなか新システムへは移行ができない。プロジェクト担当者も業務部門へは強く言えないため、経営陣からトップダウンでシステム切り替えの方針を出してもらう必要がある。もう後戻りできないことをトップ(経営陣)から振り下ろして(ダウン)もらう。

[勇者のつぶやき]ここは僕の力じゃ難しいので、全社的な取り組みとしてもらおう。

魔物を手なずける

システム変える意味あんの?

最初から全員が使いやすいシステムなんてないんだ。

人間は変わることに恐怖は覚えるもの。

ここはトップから方針を全社に告知してもらうしかない。

「反発魚人」がてなずいた。

新しいものを怖がらずに進むよ。 慣れるまでまずは使ってみるよ

【得られるギフト】現場の切り替え覚悟(踏ん切り、あきらめ)

トップから指示されることで、システム利用者全員が覚悟を決める。 使うなら便利な方がよい、と不満が要望へと変わる。その要望を整理、対応することで徐々に新システムが浸透する。

[勇者のつぶやき]食わず嫌いと一緒だったんだ。使いはじめると不満は要望に変わっていくようだ。

オムニチャネル4つのポイント ジュンク堂書店のO2Oインフラ

まずはお気軽にご相談ください。

03-6430-6730 受付時間/平日 9時30分~20時

お問い合わせ・ご相談

オムニチャネルを実現するプロダクト一覧

「EC-Orange」パッケージラインナップ

  • ショッピングモール/複数店舗型ECサイト構築「EC-Orange mall」
  • 単店舗型ECサイト構築「EC-Orange shop」
  • BtoB向けECサイト構築「EC-Orange BtoB」
  • O2Oシステム構築「EC-Orange O2O」
  • オムニチャネル構築「EC-Orange omni」
  • グローバル対応ECサイト構築「EC-Orange Global」
  • インバウンドEC/オムニチャネル対応「EC-Orange Inbound Omni Channel」

EC-Orange連携可能プロダクトラインナップ

  • タブレット型POSレジ「EC-Orange POS」
  • 飲食店向けオーダーエントリーシステム「Orange Handy」
  • オムニチャネルアプリ構築「Orange Club」
  • 飲食店・レストラン向け予約管理システム「Orange Reserve」
  • タブレット端末で実現するデジタルサイネージ「Orange Signage」
  • 日々の在庫管理から棚卸までを一括管理「Orange Stock」
  • リピーター獲得方接客・配送ソリューション「Orange Gift」
  • CTIシステム×お客様の信頼「Orange CTI」
  • 多店舗向けオムニチャネルPOS「Orange POS Plaza」