プロジェクトに潜む7つの魔物

ステップ3 開発

開発フェーズは外注さんでうまくやってほしいな。要件定義フェーズを終え、開発に着手。ところが...。

メンドクゥーサがあらわれた!

【魔物の特徴】関係者同士でうまくやって病 関係者同士でうまくやってという考え方で、面倒くさい会社間の調整ごとをしない。(デザイン会社、インフラベンダー、ASPサービスベンダー、既存ベンダー、の間を取り持たない)【魔力】 めんどくさいオーラでメンバーのやる気を削ぐ 【魔物の種別】 メドゥーサ

[勇者のつぶやき]この魔物、僕の心のなかにいる気がする。。 だって丸投げがラクだもん。

魔物を手なずける道具を探す のりしろー

【魔物退治の方法】 ベンダー間、クライアントと ベンダーの溝埋め  開発会社とデザイン会社、開発会社とインフラ会社の間には溝があるもの。ほうっておいてうまく進むことはない。情報システム部がのりしろとなり、それをコミュニケーションを円滑に取りながら、また溝をあらかじめ埋めるドキュメント(役割分担表)を準備する。

[勇者のつぶやき]役割と責任が明確になれば、 関係する会社も気持ちよく動いてくれそう

魔物を手なずける

外注先に全部丸投げしちゃいな。

外注さんも発注者が積極的に動かないと 動きづらいはず。

僕らにできることは外注さんに 気持ちよく動いてもらえるよう調整すること。

各社の契約範囲を確認して、 役割と責任を明確にすればいいのか。

「メンドクゥーサ」がてなずいた。

役割明確にして 前に進めましょ~

【得られるギフト】プロジェクト全体の結束

役割分担の明確化、コミュニケーションの改善。各自が責任範囲を理解し、ゴールへ向けて貢献意欲を持つようになる。クライアントのために自社(自分)のパフォーマンスを発揮するようになる。

[勇者のつぶやき]手を打てば何かが変わる。 プロジェクトの調整役は僕がやるんだ。


スケジュールが 押してきた。。要件を抜け漏れなく整理するって大変だ。外注先を選定し、要件定義の打ち合わせを開始。ところが...。

タンノウ鬼があらわれた!

【魔物の特徴】スケジュールに間に合わない 作るシステムの中身も確認せずに、リリース日だけ指定する。間に合わない理由を説明すると「言い訳するな!」と頭ごなしに怒る。 【魔力】 ありえないほど短い納期を設定する 【魔物の種別】 鬼

[勇者のつぶやき]うわー、作るシステムの中身知らないのに 期日だけ設定されてる。でも逆らえない。。。

魔物を手なずける道具を探す ツーステップ

【魔物退治の方法】2段階リリース、パッケージ機能利用 プロジェクトが佳境に入ると、想定よりも作業が増えてしまったり、システム以外の社内調整、メンバー教育、業務部門への告知等々でリリース日に間に合わないリスクが発生する。ただし経営陣は遅延を認めないため、期日通りにリリースする知恵を絞らないといけない。その場合はこのツーステップを使い、2段階リリース+パッケージそのものの機能利用という方法で最初に設定された期日に間に合わせる。

[勇者のつぶやき]確かにリリース当日に全ての機能が 揃っている必要はなさそう。

魔物を手なずける

徹夜すれば間に合うだろ!

期日も重要だけど品質は落とすことができない。

パッケージに備わってる機能はまずそのまま使おう。

リリースを再優先で初回バージョンの機能を絞り、 2段階でリリースしよう。

「タンノウ鬼」がてなずいた。

まずは おつかれさま! スモールスタート でもOKだ!

【得られるギフト】早期サービスイン

まずはスモールスタートで動くものをリリースし、小さな達成感を味わうことができる。1度経験することで、次回のリリースへ向けて品質やコミュニケーションも改善されていく。プロジェクトメンバー以外の会社関係者へも報告でき、メンバーも評価してもらえるようになる。

[勇者のつぶやき]スモールスタートすると小さなゴールが経験できて メンバーの士気も高まるんだ

オムニチャネル4つのポイント ジュンク堂書店のO2Oインフラ

まずはお気軽にご相談ください。

03-6430-6730 受付時間/平日 9時30分~20時

お問い合わせ・ご相談

オムニチャネルを実現するプロダクト一覧

「EC-Orange」パッケージラインナップ

  • ショッピングモール/複数店舗型ECサイト構築「EC-Orange mall」
  • 単店舗型ECサイト構築「EC-Orange shop」
  • BtoB向けECサイト構築「EC-Orange BtoB」
  • O2Oシステム構築「EC-Orange O2O」
  • オムニチャネル構築「EC-Orange omni」
  • グローバル対応ECサイト構築「EC-Orange Global」
  • インバウンドEC/オムニチャネル対応「EC-Orange Inbound Omni Channel」

EC-Orange連携可能プロダクトラインナップ

  • タブレット型POSレジ「EC-Orange POS」
  • 飲食店向けオーダーエントリーシステム「Orange Handy」
  • オムニチャネルアプリ構築「Orange Club」
  • 飲食店・レストラン向け予約管理システム「Orange Reserve」
  • タブレット端末で実現するデジタルサイネージ「Orange Signage」
  • 日々の在庫管理から棚卸までを一括管理「Orange Stock」
  • リピーター獲得方接客・配送ソリューション「Orange Gift」
  • CTIシステム×お客様の信頼「Orange CTI」
  • 多店舗向けオムニチャネルPOS「Orange POS Plaza」