コンセプト:小売の未来をカタチにする

売り手より買い手が多く情報を持つ時代

過去はテレビやチラシ、店頭でしか商品の情報を得られなかった消費者が、インターネット、特に近年ではスマートフォンとソーシャルメディアの普及により、かつてない情報力を身につけました。店員よりも商品知識を持つ消費者も現れ、彼らはお店で商品を確かめた後、ネットと店頭の価格比較を行い、最適なデバイス・最適なタイミングで購買を行います。

小売業はこのデジタルを駆使する消費者に対して、「購入してもらう理由」を明確に提示しなければなりません。商品企画、マーケティング、店頭接客、アフターフォローに至るまで、情報化されたお客様の期待に応え続ける必要があります。

テクノロジーを味方に付けた企業が勝ち残る

古くから店頭販売を主体としていた小売業にとっては、ネット店舗の開設は実店舗の売上減少につながるのではないかという議論がありました。また、ネット販売について店舗から協力が得られず、社内では事業部が分断され均質なマーケティング、販売活動ができないという問題が発生する場合もありました。

一方、店舗を持つ企業の中でもいち早くインターネットでの販売を開始し成功した企業も存在します。
特にアパレルや生活雑貨を扱う企業ではオンライン(ネット)とオフライン(店舗)の強みを活かし、相互にお客様が利用するチャネルを広げることで利便性を高め、ブランドへのロイヤリティを上げることに成功した例が最近では見られるようになりました。

このような企業が行ったのは、新しいテクノロジーから逃げず味方につけたことです。

技術は公平に全ての企業が利用できますが、取り入れず過去と同じやり方で商売をするのか、新たに自社を革新するためのエンジンとして活用するのか、企業の生き残りに大きな影響を与えるようになりました。

小売業の本質はお客様への感動提供

私たちは、小売業の本質をお客様に感動を提供することと捉えています。

クリック&モルタル、ネットとリアルの融合、O2O(Online to Offline)、オムニチャネルリテーリングといった小売業のインターネット活用に関するキーワードは時代を超えて発生し、その度にトレンドワードとしてメディアに取り上げられます。

ネットとリアルの境界があいまいになる中で、顧客や在庫といったデータは統合管理され、ネットと店頭における販促手法も高度化しつつあります。ただし、上記のキーワードを含め、データの統合管理やクーポンや値引きといった販売促進が重要なのではなく、あくまでもそれらはひとつの手段です。

より早く商品を提供する、より安く商品を生産する、より分かりやすく情報を伝える、これら全てにおいてテクノロジーの活用が不可欠ですが、お客様へ感動を提供するシナリオに沿った上で組み合わせる必要があります。

企業がお客様へ便益(ベネフィット)を提供しお客様がこれまでに無い新たな体験ができる、その体験価値が高まることで最後には感動をしてもらう、それが小売業の目指すゴールでありそこにテクノロジーが貢献すべきだと考えます。

小売のミライをカタチにする

IT製品のコモディティ化によりこれまでのソリューションがソリューション(解決策)ではなくなりました。

ERP、SCM、CRM、これらのIT製品を導入して業績が改善すると思われていた時代から、今後は企業自らがIT製品の組み合わせ、最適化を模索する時代へと変わりつつあります。

また、クラウドの出現により利用したいときに利用したいだけのサービスを使う権利も企業に与えられました。既に小売現場の業務に必要な技術は普及し、多くの企業において最先端の技術は現場業務とかけ離れる傾向にあります。言い換えると必要な技術は既にそこに存在します。

これからの時代に大切なのはIT製品やテクノロジーそのものではなく、ビジネスへの貢献に照らした正しい組み合わせと使い方です。小売業が革新し続けるために必要なテクノロジーをビジネス発展に貢献できるように翻訳する、それがエスキュービズムのミッションと考えます。

小売業における経営課題の解決にはこれまで以上にサイエンスとテクノロジーの使い方が求められています。
情報があふれ、IT技術は十分に普及し、消費者がこれまで以上に厳しい目で小売業を見つめる時代に、我々はIT企業としてではなくお客様と同じ視点に立ち、小売のミライをカタチにする企業としてあり続けることを目指します。

オムニチャネル4つのポイント ジュンク堂書店のO2Oインフラ

まずはお気軽にご相談ください。

03-6430-6730 受付時間/平日 9時30分~20時

お問い合わせ・ご相談

オムニチャネルを実現するプロダクト一覧

「EC-Orange」パッケージラインナップ

  • ショッピングモール/複数店舗型ECサイト構築「EC-Orange mall」
  • 単店舗型ECサイト構築「EC-Orange shop」
  • BtoB向けECサイト構築「EC-Orange BtoB」
  • O2Oシステム構築「EC-Orange O2O」
  • オムニチャネル構築「EC-Orange omni」
  • グローバル対応ECサイト構築「EC-Orange Global」
  • インバウンドEC/オムニチャネル対応「EC-Orange Inbound Omni Channel」

EC-Orange連携可能プロダクトラインナップ

  • タブレット型POSレジ「EC-Orange POS」
  • 飲食店向けオーダーエントリーシステム「Orange Handy」
  • オムニチャネルアプリ構築「Orange Club」
  • 飲食店・レストラン向け予約管理システム「Orange Reserve」
  • タブレット端末で実現するデジタルサイネージ「Orange Signage」
  • 日々の在庫管理から棚卸までを一括管理「Orange Stock」
  • リピーター獲得方接客・配送ソリューション「Orange Gift」
  • CTIシステム×お客様の信頼「Orange CTI」
  • 多店舗向けオムニチャネルPOS「Orange POS Plaza」